医療・健康Tips

アルコール性肝障害にご注意

  • 文字
  • 印刷

飲酒量が増えると、なぜ肝臓は疲れる?

 年末年始は楽しくお酒を飲む機会が増えますが、飲み過ぎは禁物。とくに普段から飲酒量の多い人は、短期間の大量飲酒が「アルコール性肝障害」に直結する危険があります。そうならないためにも、健康的な飲み方と肝臓を酷使する危険性を知っておきましょう。

肝臓は体内の化学工場

 右上腹部に位置する肝臓は重さが1.2~1.5kgと体内で最も大きく、非常に重要な役目を担う臓器のひとつ。食事から摂取し、胃腸で吸収した栄養素の代謝・貯蔵、解毒や排せつなど、生命の維持に関する500以上のはたらきを担うことから、「体の中の化学工場」といわれています。

この記事は有料記事です。

残り2675文字(全文2956文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら