つまみ食い栄養学

「心」にも影響する微量栄養素

川端輝江・女子栄養大学教授
  • 文字
  • 印刷

 海外では、日常食べている食品を「コア食品」「ノンコア食品」の二つに分類することが多いようです。コア食品とは野菜、果物、乳製品、脂の少ない肉、魚、豆など、私たちの体に必須な栄養素を供給する食べ物のこと。一方、ノンコア食品は、菓子やソフトドリンク、ファストフード系の食品など、飽和脂肪、砂糖、塩を多く供給し、生活習慣病リスクとの関連の深い食べ物を指します。欧米に暮らす今の子どもたちはノンコア食品中心の食生活であり、コア食品の不足で起こるビタミン、ミネラルといった「微量栄養素」の欠乏が問題となっています。

 微量栄養素は、身体の成長に大切であることはもちろんのこと、脳の発達を促し、精神状態を健全に保つこと…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文885文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川端輝江

女子栄養大学教授

かわばた・てるえ 女子栄養大学栄養学部基礎栄養学研究室教授