あなたと家族へ 女性が学ぶがん情報

なぜ、乳がんは増えているの? 予防はできる?

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 常に元気なイメージのタレント、北斗晶さん(48)の乳がん公表は、同世代の女性たちにショックを与えた。しかし実は、乳がんになる人は増えている。国立がん研究センターの推計では、2015年に乳がんと診断された人は約9万人。10年前の05年には約4万8000人だったので、ほぼ倍増していることになる。乳がんが増えたワケと予防法について、がん研有明病院乳腺センター長の大野真司さんに聞いた。

 「乳がんが増えているのは、日本人女性の平均身長が伸び体格がよくなったことやライフスタイルが変化した影響が大きい」。大野さんはそう話す。

 乳がんは誰でもなる恐れのある病気だが、かかるリスクが高いのは、(1)から(10)の中で当てはまる項目が多い人だ。(1)初潮が早い=11歳以下(2)閉経が遅い=54歳以上(3)初産年齢が高い=30歳以上(4)妊娠・出産歴がない(5)授乳歴がない(6)祖母、親、子、姉妹に乳がんの人がいる(7)肥満度が高い(閉経後)(8)喫煙している(9)大量に飲酒する習慣がある(10)運動不足−−。あなたや家族には…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1966文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。