アスリートドクターに学ぶ 健康エクササイズ

女性アスリートを支える「老化」の最新研究

順天堂大学女性スポーツ研究センター
  • 文字
  • 印刷

 活躍が期待される女性アスリートの健康をサポートしようと、老化研究のエキスパートが共同研究に参加しています。アスリートと高齢者にどんな接点があり、研究から見えてきたこととは--。順天堂大学女性スポーツ研究センターのプロジェクトメンバーで東京都健康長寿医療センター研究所老化制御研究チーム分子老化制御研究部長、石神昭人さんに聞きました。

 老化の原因は、なんだと思いますか。私たちは呼吸をして生きています。吸った酸素を利用して細胞でエネルギーを作り出すとき、その一部から体に損傷を与える「活性酸素」が発生します。そのため、老化は活性酸素が原因と思われていますが、実は科学的な根拠はありません。では、病気ではない老化を、どうしたら防げるか。活性酸素を取り除く成分の一つがビタミンCということは、間違いありません。老化と活性酸素をつなげる科学的な根拠がなかったことが、私たちがビタミンCの研究を始めたきっかけです。

 老化とビタミンCの関係について、私たちはマウスで実験しています。ヒトは体内でビタミンCを合成できませんが、マウスを含む多くの動物は合成できます。そこで、ビタミンCを作れないマウスを開発し、欠乏症である壊血病にならない量のビタミンCを与えて、普通のマウスと寿命を比較しました。

 その結果、ビタミンCを作れないマウスは6カ月で半数が死にました。これは普通のマウスの寿命の4分の1です。さらに、解剖すると臓器は萎縮して老衰で死んだ人と同じようになっていました。実際に人では実験できないため、これを人間に当てはめると、1日2.5mgしかビタミンCを摂取しない場合、10人中1人が3年後に亡くなり、13年後には半数が死亡することに相当します。ビタミンCを少量しか取らないと寿命が短くな…

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文2111文字)

順天堂大学女性スポーツ研究センター

研究の視点から女性アスリートのコンディション管理を支援するため、2014年に設立された。学内と学外から医学とスポーツ健康科学の専門家が参画して女性アスリートを支援する方策や環境整備などを研究している。同年10月には、国内初となる「女性アスリート外来」を東京と千葉にある2か所の順天堂大学付属病院に開設。医師による診療や試合に向けたコンディションづくりのアドバイスなども行っている。センターウェブサイト