医療プレミア特集

精神科医療機関の評価を可視化 病院選びをサポート

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

 精神疾患を持つ当事者やその家族らで組織するNPO法人「地域精神保健福祉機構・コンボ」(千葉県市川市)は、会員対象のアンケート結果をもとに、全国の精神科医療機関を4段階で評価した「精神科医療機関の見える化システム」を2015年11月、ウェブサイト上で公開した。患者や家族の「口コミ」を可視化し、信頼できる医療機関とのより早い出合いをサポートする試みだ。

 どんな病気でも、患者にとって納得できる医療を受けられる病院や医師との出会いは重要だ。しかし統合失調症、うつ病、発達障害などの精神疾患を持つコンボ会員対象の調査では、約4割の人が信頼できる精神科・心療内科などの医療機関、医師を見つけるまでに5年以上を費やしていた。複数の医療機関を“はしご”する患者も多く、その間に症状が悪化する例もあったという。そこで患者、家族が医療機関を選択する際の指標となるべく、精神科医療機関の評価をネットで検索できるシステムを開発した。

 利用方法はシンプルだ。コンボのサイト内に作られた検索ページから、都道府県、市区郡名、または医療機関名を直接入力すると、該当する医療機関の名称と住所、電話番号、ウェブサイトのURLとともにその「評価数」と「みんなの評価」が表示される。評価数はその医療機関に関する評価をした有効アンケート回答数、みんなの評価はアンケートを基に加算された星印(星ゼロ~三つまで)だ。

この記事は有料記事です。

残り1868文字(全文2456文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。