読んでみた -認知症ブックガイド-

「若年認知症の人の“仕事の場づくり”Q&A−−『支援の空白期間』に挑む」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 「もの忘れカフェ」など常に新しい場所や仕組みを作って提唱してきたコンビによる最新の実践の書。書名の通り、まだまだ活躍できる若年認知症の人たちが極めて少ない活躍の場を求めて、介護保険が利用できるまでの“空白期間”に挑む姿をQ&A方式で分かりやすく説明している。

 「もの忘れカフェ」がデイサービスなのに対し、「仕事…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/