認知症110番

ストレス解消法−−情報交換や制度活用し自分にあった方法を

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 1人暮らしの母(87)と私たち夫婦が同居して2年、私も夫も定年で仕事を辞めて家にいます。夫の両親が車で1時間ほどの所に住んでいるので、夫は週3、4回、私は1回程度訪ねます。さて、私の母のことです。物忘れがひどいですが、そばで声をかければ何とか生活ができます。寝たり、起きたり、テレビを見たりの気ままな生活で、その言動は、問題行動というほどではないのですが気になり、ついつい注意してしまいます。最近ではおどおどした態度が見られ、もっと優しく声をかけようと思いながらも顔を見るとあれこれ言ってしまいます。それなのに、買い物に行くといつの間にか母の好物を買っています。でも、家に戻るとまた、一つ一つの行動が気になり注意してしまいます。受け入れなければいけないということは頭で分かっているのですが、できない自分にストレスを感じています。=茨城県、娘(64)

 お母様に対しての娘さんの気持ちよく分かります。頭では理解していて、今度は優しく声をかけてあげようと思って家に帰ってくると、日ごろしている簡単なことなのにチグハグな行動をしているのが見え、帰宅前の思いが一気に崩れていつものように注意してしまう自分に嫌気がさしてしまうのですよね。

 お母様に、物心ついたころからきちんとしつけをされ育てられた、そのときのお母様の姿は今でも鮮明に焼きついていることと思います。その母親といま目の前でおどおどしている母親が重なってしまい、その落差に、子供として切ない気持ちがあるのだと思います。頭では、年齢相応のお母様であり少し認知症が出てきている状態であることを十分理解しているつもりでも、なかなか現実の姿を受け入れられないのは当然のことです。決して…

この記事は有料記事です。

残り1091文字(全文1805文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/