つまみ食い栄養学

伝統食品で理想の腸内環境を

川端輝江・女子栄養大学教授
  • 文字
  • 印刷

 大腸の中には、たくさんの腸内細菌がすみついています。実に1000種類以上、総重量は1〜1.5kgというから驚きです。

 私たちが食べて消化吸収されなかった食品成分を、腸内細菌はエネルギーとして利用します。腸内にはいろいろな菌がいますが、中でも人にとって有用な「善玉菌」である乳酸菌やビフィズス菌は、食品成分を利用して乳酸や酢酸を産生します。このような働きで腸内環境は酸性状態となり、好ましくない「悪玉菌」の増殖を抑えるとともに、便秘や下痢を改善し、感染症や大腸がんに対する免疫機能を高めるのです。

 そこで、健康のために、腸内細菌の好むえさの供給や、時には善玉菌そのものの補充が必要になってきます。…

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文903文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

川端輝江

女子栄養大学教授

かわばた・てるえ 女子栄養大学栄養学部基礎栄養学研究室教授