孤島の小さな診療所から

真剣勝負! 集落対抗運動会の歴史と意味

太田龍一・沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長
  • 文字
  • 印刷
島の集落ごとの対抗戦で行われる運動会の様子。長縄跳びにも力が入ります=2015年11月、筆者提供
島の集落ごとの対抗戦で行われる運動会の様子。長縄跳びにも力が入ります=2015年11月、筆者提供

 離島では、さまざまな年間行事があります。

 南大東島で行われている代表的な行事としては、農業の豊作を祈願する豊年祭、漁業の神さまに感謝する金比羅祭、地域の産業活性化を目的とした産業祭りなどがあり、おみこしが島中を巡ったり、相撲大会が行われたりと、どれも毎回とても盛況です。私の印象では、年中、島のどこかで祭りや催し物が行われているようです。

この記事は有料記事です。

残り1058文字(全文1228文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

太田龍一

沖縄県立南部医療センター付属南大東診療所長

おおた・りゅういち 大阪府出身。2004年大阪市立大学医学部入学。同大学卒業後、10年から沖縄県立中部病院プライマリケアコースで研修。13年から現職。人口約1400人の南大東島で唯一の医師として、島民の日常的な健康管理から救急医療までを一手に担う。趣味は読書とランニング。毎年秋に開かれる島の運動会、駅伝大会への参加を目指し、鋭意トレーニング中。