がんをあきらめない 難敵に挑む医師・患者・家族

肺がん新薬「免疫チェックポイント阻害薬」の実力は?【後編】

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 2015年12月に登場した肺がん治療の新薬「ニボルマブ」。がん細胞が、体内の異物を発見、攻撃する免疫細胞の働きにブレーキをかけて生き延びていることに注目し、そのブレーキを解除することで、がんを叩く新しい仕組みの薬です。期待を集めるこの新薬について、肺がんの薬物療法が専門の佐々木治一郎・北里大学病院集学的がん診療センター長に話を聞きました。後編は、患者や家族にとって気になるニボルマブの治療対象、副作用、そして費用について解説します。

この記事は有料記事です。

残り2335文字(全文2553文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。