認知症110番

高齢姉妹の2人暮らし−−受診前に「今後」の話し合いを

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 私は3歳上の姉(83)と2人で暮らしています。子どものいない姉は10年前に夫を亡くし、独り暮らしをしていました。一方、私は独身で仕事を70歳まで続け、仕事をやめると同時に、姉と同居したのです。最近の姉は物忘れがひどくなり、貯金通帳や印鑑のしまい場所も分からなくて、お金を引き出すことができないようです。このままではいけないと思い、何度も「置き場が分からないのであれば、一緒に探そう」と話すのですが、姉は「余計なお世話だ」と聞く耳を持ちません。また、姉は、友人と温泉に行くのを楽しみにしており、先日はその友人からお金を借りたようなのです。今まで他人にお金を借りるようなことはありませんし、きちょうめんな性格でした。どうやら公共料金が口座から自動引き落としされていたため、貯金が底をついたのではないかと思うのです。どうすればよいのでしょうか。=三重県、妹(80)

 お姉さまご自身は「物忘れが多くなった」とは思っていないので、妹さんとしては困っておられるのですよね。物忘れは加齢とともにだれにでも表れてきます。それが、最近目立ってきたようですが、体調はどうでしょうか。友人と旅行に行くくらいですから体調はよさそうですね。まずは受診をお勧めしますが、その前にお姉さまが物忘れを自覚していないので、お姉さまの友人から一緒の時の言動などを聞いてみたり、日々の生活での様子を観察したりしてみましょう。買い物を頼んでその一部始終からも観察できると思います。何か疑問に思うことや物忘れからくる特徴のようなものがあれば、メモをしておいてかかりつけの医師に相談するか専門外来を受診すると、本人も安心できるのではないかと思います。

 今までは、それほど困ったことはないようですので、お姉さまも自覚がないまま過ごしてきたのは当然だと思います。しかし、お姉さま自身もなんとなく気づいていて、自分自身で不安感を持っているのかもしれません。財布や貯金通帳は大切なものですから、きちんと保管をしておかないといけないと思うあまり、保管場所を変えたりしているうちに置き場所が分からなくなってしまうということは、ままあることです。大切だと思うからそ…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1830文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/