こころと向き合う

「やめ方を教えてくれ」

松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター部長
  • 文字
  • 印刷

 約20年前、私は不本意な人事で薬物依存症の専門病院に赴任した。当初の私は、半泣き顔で診療していたに違いない。どうやって治療したらよいのか見当がつかなかったからだ。何しろ「覚醒剤を嫌いにする薬剤」など存在しない。私にできるのは、薬物の害を懇々と説教することだけだった。

 だが、患者の多くは説教に閉口して通院をやめるか、さもなければ「別に死んでもいいさ」「俺は太く短く生きるからいい」と居直るだけだった。いら立った私は認知症患者の脳画像を示し「覚醒剤を長年使ってきた人の萎縮した脳だ」と詐欺同然の説明までしたが、誰も薬物を断てなかった。

 ある日、私は手厳しい洗礼を受けた。覚醒剤依存症の男性患者が口角泡飛ばして説教する私を遮り、こうすご…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文862文字)

松本俊彦

国立精神・神経医療研究センター部長

まつもと・としひこ 国立精神・神経医療研究センター病院精神科医師、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長、精神保健指定医、精神保健判定医、精神神経学会精神科専門医・指導医。