医療・健康Tips

コミュニケーションを良好にするホルモンとは

  • 文字
  • 印刷

 自閉症スペクトラムの症状のひとつに、「人とのコミュニケーションが苦手」ということが挙げられます。相手の気持ちを察することができず、社会生活を送るうえで困難を強いられている人も少なくありません。根本的な治療法がない中、オキシトシンと呼ばれるホルモンに改善効果があるのでは?と期待がよせられています。

 自閉症スペクトラムは、自閉性、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害などの総称です。症状のひとつに、相手の気持ちをくみ取ることができず、人とのコミュニケーションが苦手ということがあります。そのため、集団行動になじめず周囲との関係に悩む人は多いようです。

 100人に1人はいるといわれ、女性よりも男性に多い傾向があります。人と視線が合わない、表情が不自然…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1074文字)