医療・健康Tips

気をつけよう! 動物からうつる病気はこんなにある!!

  • 文字
  • 印刷

 「動物由来感染症」は、動物から人に感染する病気の総称。病原体により、人も動物も重症になるものと、人間だけが重症になるものがあります。その種類は世界保健機関(WHO)が確認しているだけでも世界中で200種類以上。そのうち日本には、寄生虫による病気を含めて数十種類あるといわれています。

 気をつけるべき感染症とその原因、人間に起こる症状や予防法などをチェックしましょう。

【エキノコックス症】

■原因:イヌやキツネのふん中に排出されるエキノコックス(サナダムシの一種)の虫卵(ちゅうらん)が感染源。手指や食物、水を介して虫卵が口から入ることで、人にも感染する。日本での主な感染源は、北海道のキタキツネ。

この記事は有料記事です。

残り2455文字(全文2753文字)