大人のためのスキンケア講座

急激なダイエットも引き金になる女性の薄毛

角田美英・かくた皮膚科クリニック院長
  • 文字
  • 印刷

 脱毛の悩みは男性だけでなく、女性にもあります。原因やメカニズムは男性よりも複雑であり、最近では急激なダイエットが引き金となって起こるケースも。正しい知識と対策が必要です。

 女性の脱毛症として最も多いのは「びまん性脱毛症」と呼ばれるタイプです。「びまん」とは広範囲に広がっているという意味で、頭の広い部分の毛が抜けて薄くなり、特に頭頂部の皮膚が透けて見えるようになります。男性のようにツルツルになることは少ないですが、「分け目が目立って気になる」などと悩んでいる方も多いのです。

 びまん性脱毛症の原因は複数あります。代表的なものとして(1)男性ホルモンによるもの(2)休止期脱毛によるもの(3)加齢変化−−が挙げられます。

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1875文字)

角田美英

かくた皮膚科クリニック院長

かくた・みえ 東京都出身。1988年東京医科歯科大卒業。当初は内科医局に入局するが、皮膚科への転身を決意し、92年順天堂大皮膚科学教室入局。先天性表皮水疱症という難病の研究を行う一方、皮膚科全般の研さんを積んだ。美容皮膚科の専門クリニックで一般皮膚科とは異なる体系の技術、知識を学んだ後、09年に開業。特にニキビ治療と育毛治療の経験が豊富で、医師対象のセミナー等で講師を務めることも多い。美容皮膚科については科学的エビデンス(根拠)があり、効果が実証されている方法のみ取り入れている。かくた皮膚科クリニックウェブサイト