医療・健康Tips

乾燥の季節、かさかさ唇には正しいケアを

  • 文字
  • 印刷

 空気が乾燥してくると、唇の荒れが気になります。乾燥による皮膚の異常は、放置すると悪循環に陥りやすいので、こまめなお手入れと潤いのある環境づくりで改善に努めましょう。

 低温と乾燥が気になる季節は、インフルエンザや風邪などの感染症の流行だけでなく、身近な悩みとなるのが唇や肌の乾燥。毎年、同じ時期に同じような症状を繰り返し、不快を感じている人も少なくありません。

 とくに唇は肌に比べて水分を保持する角質層という部分が薄く、皮脂腺がないので乾燥しやすいのです。唇が乾燥すると、ささくれ、めくれ、ひび割れなどが起こります。また、胃腸の不調や過労、風邪などでも唇やその周囲の荒れが引き起こされることがあります。

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文928文字)