読んでみた -認知症ブックガイド-

「無縁介護」

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 副題に「単身高齢社会の老い・孤立・貧困」とあるように、社会の変化で公的な福祉サービスにたどり着けない無縁介護の状態が無縁死につながりやすいと説く。その実例を介護の現場に詳しい複数の執筆陣が生々しく紹介する。

 血縁、地縁、社縁に頼れなくなったこれからの時代は自助、公助、共助の仕組みが重要とし、その方…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/