西モンゴルで暮らすカザフ族に受け継がれている伝統文化、鷲匠。写真のイヌワシが使われ「イヌワシ狩り」とも呼ばれている。キツネやウサギなどの足跡を見つけ、そこへイヌワシを放つ
西モンゴルで暮らすカザフ族に受け継がれている伝統文化、鷲匠。写真のイヌワシが使われ「イヌワシ狩り」とも呼ばれている。キツネやウサギなどの足跡を見つけ、そこへイヌワシを放つ

モンゴル・ウランバートル近郊:三つの森をめぐりながら

 モンゴルの伝統医、モロー医師とその愛犬スカイとともに、ウランバートル近郊にあるボグドハンの森へ向かった。見渡すと、針葉樹の森が広がっている。寒冷で乾燥したモンゴルだが、足元に生い茂っている植物の葉を見ると、意外にもかなり多種多様な種類が自生しているようだ。リードから放たれたスカイは、うれしくてたまらないというように走り回り、そんな植物のにおいを嗅いでいる。その様子を見ていたモロー医師が、ふとある植物に視線を移した。「これはジュンザという植物です。葉柄(ようへい)という部分を使ってジャムを作るんですよ。こちらではがんの予防薬になる、と言われているジャムです」と、またしても興味深い言葉が出た。葉柄というのは、葉の付け根に伸びる茎のような柄(え)のことだ。落ち葉を拾ったときに、指でつまむ部分と言えばイメージしやすいだろう。

この記事は有料記事です。

残り2520文字(全文2910文字)

鷺森ゆう子

エスノ・メディカル・ハーバリスト(民族薬用植物研究家)

さぎもり・ゆうこ 神奈川県生まれ。動物専門学校看護科卒。日本大学英文学科卒。1994年より動物病院で獣医助手として勤務する。同時に海や川の環境保全を行う環境NGOに携わり、海洋環境保全に関するイベントの運営などを行う。また中米のベリーズを訪れ、古代マヤ人の知恵を生かしたナチュラルメディスンに触れ、自然の薬に、より関心を持つようになる。このような体験を会報誌へ執筆する。95年から1年間、東アフリカのケニアにて動物孤児院や、マサイ族の村でツェツェフライコントロールプロジェクトのボランティアに参加する。このときサバンナでは、マサイ族直伝のハーブティーなどを体験する。帰国後は再び環境NGOなどに関わりながら、国内での環境教育レクチャーや、中米グァテマラの動物孤児院にてボランティア活動を行うなど、野生生物と人との共生について探求する。2006年から野生生物の生きる環境や、世界の自然医療の現場を巡る。

藤原幸一

生物ジャーナリスト/NATURE's PLANET代表

ふじわら・こういち 秋田県生まれ。日本とオーストラリアの大学・大学院で生物学を学ぶ。現在は、世界中の野生生物の生態や環境問題、さらに各地域の伝統医学に視点をおいて取材を続けている。ガラパゴス自然保護基金(GCFJ)代表。学習院女子大学・特別総合科目「環境問題」講師。日本テレビ「天才!志村どうぶつ園」監修や「動物惑星」ナビゲーター、「世界一受けたい授業」生物先生。NHK「視点論点」「アーカイブス」、TBS「情熱大陸」、テレビ朝日「素敵な宇宙船地球号」などに出演。著書は「きせきのお花畑」(アリス館)、「森の声がきこえますか」(PHP研究所)、「マダガスカルがこわれる」(第29回厚生労働省児童福祉文化財、ポプラ社)、「ヒートアイランドの虫たち」(第47回夏休みの本、あかね書房)、「ちいさな鳥の地球たび」(第45回夏休みの本)、「ガラパゴスに木を植える」(第26回読書感想画中央コンクール指定図書、岩崎書店)、「オーストラリアの花100」(共著、CCCメディアハウス)、「環境破壊図鑑」(ポプラ社)など多数。