つまみ食い栄養学

朝食を科学する

川端輝江・女子栄養大学教授
  • 文字
  • 印刷

 朝食を食べない人は、若者世代に多いとよく言われます。確かに2013年の国民健康・栄養調査を見ると、最も朝食を抜くことが多い世代は20代です。ところが、朝は菓子や果物、乳製品、嗜好(しこう)飲料だけという人が多いのは、意外にも30〜50代なのです。朝食を簡単に済ませる人を含めた欠食者の割合は、この10年で50代男性が1.7倍、50代女性が1.9倍に増えています。

 朝食は英語でbreakfastです。「空腹を断ち切る」という意味があります。一晩寝て起きた時、体内…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文906文字)

川端輝江

女子栄養大学教授

かわばた・てるえ 女子栄養大学栄養学部基礎栄養学研究室教授