MMJ編集長のニュースな医学

祖母の思い出にインスリン製剤の進歩を考える

高野聡・毎日新聞 医療福祉部編集委員
  • 文字
  • 印刷

 小学生のころ、祖母の早朝の通院によくついて行った。祖母は長年糖尿病を患っており、開院前の病院でインスリン注射を受けるのが日課だった。薄暗い一室で見た、インスリンの入ったガラスの注射器の鈍い光が記憶に残っている。

 そんな40年も前のことを思い出したのは、インスリン製剤のめざましい進歩に触れたからだ。常に一定に分泌される生体のインスリンにより近い作用が期待できる製剤が開発され、日本人対象の臨床試験を実施したところ、低血糖や体重が増えるという副作用が減ったとの結果が、2014年、米国糖尿病学会で発表された。

 血液中の糖分を各臓器に取り込むため、膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモン「インスリン」は1921年に発見された。23年に製剤化され、糖尿病患者に注射する治療が始まった。当初使われたのはウシやブタの膵臓からの抽出物。しかし不純物が多いため、アレルギー症状が起きたという。82年にはブタのインスリンを元に、遺伝子組み換え技術を使ってヒト型のインスリンが合成されるようになったが、患者1人が1年間使う量…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文932文字)

高野聡

毎日新聞 医療福祉部編集委員

たかの・さとし 1989年毎日新聞社入社、地方支局勤務などを経て96年、東京本社科学環境部。医療・医学担当として病原性大腸菌O-157の集団感染、臓器移植法案および法成立後の1例目脳死移植などを取材。2009年新型インフルエンザを大阪本社科学環境部で取材。10年10月よりMMJ編集長、16年4月より医療福祉部編集委員。