読んでみた -認知症ブックガイド-

「証言」〜3・11宅老所の真実〜

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 2011年の3月11日に起きた東日本大震災の記録を残そうとする人たちは多い。しかし風化は早く、復興への道のりは遠いというのが実情だろう。そんな中、震災直後から取材を続けていたライターと宅老所の人たち、それを後押しする出版社の出会いがこの本に結実した。被災者と取材者が震災をどうとらえたか。複眼の視線は震災の実情…

この記事は有料記事です。

残り234文字(全文390文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/