認知症110番

腰痛にならない介護−−起きることがわかるように声かけを

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 85歳の母と同居しています。長女の私と夫、娘の4人暮らしで、夫と娘は勤めています。母は13年前から認知症で、この病気に伴ういろいろな行動に悩まされてきましたが、家族の協力や在宅サービスを利用して何とか乗り越えてきました。しかし、最近は歩く元気もなくなり、あんなに大変だった徘徊(はいかい)を懐かしくさえ思える日々です。

 ベッドで過ごすことが多くなり、トイレへ連れて行こうとしても重くて起こすのが大変です。一日に何度も行…

この記事は有料記事です。

残り1624文字(全文1834文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/