ひたむきに生きて

ワクチン接種で肺炎予防を

天野篤・順天堂医院院長/順天堂大学教授
  • 文字
  • 印刷
心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影
心臓手術をする天野篤・順天堂大学教授(中央)=東京都文京区の順天堂医院で2012年5月21日、丸山博撮影

高齢者 感染しやすく

 今年もインフルエンザが流行のピークを過ぎたとみられるものの、依然として猛威を振るっています。私も1年前に93歳の母親をインフルエンザがきっかけの肺炎で亡くしたため、人ごとではありません。また、冬は乾燥するためウイルスが増えやすく、外科医は対応に苦慮する季節なのです。患者が感染すると、予定通り手術ができないばかりか、体調を崩して心臓への負担が増し、心不全の治療が必要になることもあり、その影響は少なくありません。

 以前、術後の患者さんに高熱が続いたため、免疫力が低下した術後に起きやすい重症細菌感染症を疑ったので…

この記事は有料記事です。

残り831文字(全文1098文字)

天野篤

順天堂医院院長/順天堂大学教授

あまの・あつし 1955年生まれ。埼玉県出身。83年日本大医学部卒。亀田総合病院、新東京病院などを経て、2002年7月から順天堂大学教授、16年4月から順天堂大学医学部付属順天堂医院院長。12年に天皇陛下の心臓バイパス手術を執刀したことで知られる。