医療・健康Tips

男性のがんで最多患者数となった大腸がん

  • 文字
  • 印刷

 日本人男性で患者数が一番多いがんは何だかわかりますか。2013年の診療実績によると、大腸がんが初めて胃がんを抜き最多となりました。男女合わせても大腸がんはトップです。リスクを減らす方法はあるのでしょうか。

 2015年8月、国立がん研究センターは、がん診療連携拠点病院409施設の13年診療実績を公表しました。がん症例数は前年から約3万9000例増加し、部位別症例数では多い順に、大腸がん、胃がん、肺がんとなっています。

 男女別でみると、男性は、大腸がん、胃がん、前立腺がん、肺がんの順です。女性では乳がん、大腸がん、肺…

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1028文字)