医療・健康Tips フォロー

さかさまつげは目のトラブルのもと

 目に異物が入らないようガードをしている「まつげ」。通常まつげはまぶたの縁に沿って外向きに生えていますが、何らかの原因で眼球に向かって生えることがあります。さかさまつげと呼ばれるこの疾患、さまざまな目のトラブルを引き起こしてしまいます。

 さかさまつげの原因は、大きく二つにわけられます。一つは、まつげの生え方によるもの。眼球に向かって生える「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」は、毛根部分の炎症によるものと考えられており、眼球に触れるまつげは1本だけ、あるいは数本以上のこともあります。

 もうひとつは、まぶたそのものに問題がある場合。まぶたが内向きにまくれ込むことで起こります。これは「眼瞼内反(がんけんないはん)」と呼ばれ、加齢によるもの、赤ちゃんにみられる先天性のものがあります。原因は、まぶたに脂肪が多い、たるみ、筋力低下など。この場合、まつげ全体が角膜を刺激してしまいます。

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1257文字)