認知症110番

頑張らない介護−−在宅サービス活用し、自分の時間を

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 90歳の父と88歳の母と同居している長女(67歳、一人っ子)です。定年で仕事を辞めて3年目に入りました。仕事をしている時は、訪問介護サービスを利用していましたが、現在は2人ともデイサービスを週2回、それぞれ違う曜日に利用しています。2人とも認知症で、かなり物忘れがあり、毎日、朝起きてから夜寝るまで、指示しないと生活ができません。毎日チグハグな言動にいささか疲れが出て、時には強い口調で傷つける言葉を投げかける自分が嫌になります。虐待のニュースなどをテレビなどで見ると「自分ももしかして」などと思うことがあります。三食きちんと食べているせいか、体は私より元気です。=埼玉県、女性(67)

 大切な両親であっても、毎日休みなく介護は続いているのですから身体ばかりでなく、精神的にもお疲れのことと思います。自分の両親で、言葉で指示すれば行動できるのですから、他者からはそれほど手がかかるように見えませんよね。しかし、介護している当事者としていろいろ気を使い、絶えず様子を見ながら生活をしていくことは並大抵のことではありません。理屈ではわかっていても、目の前でチグハグな言動を繰り返されると、感情的になってしまうのは、当然です。

 たとえば、「今日は何曜日」「○曜日よ」。数分もたたないうちに、また同じことを聞く。それも4〜5回であれば、物忘れがあるから傷つけないように受け入れて、少しは強い口調になっても答えられますが、同じことが10回も20回も続くと、ついイライラしてきますよね。理屈では、本人の言うことをやさしく受け入れてあげようと思っても、それが毎日繰り返されるとなると、穏やかに答えられなくなりますよね。そこに、認知症の…

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文1288文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/