医療プレミア特集

病院で死ぬということ/家で死ぬということ

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷
ケアタウン小平応援フェスタ2015の模様=2015年10月18日
ケアタウン小平応援フェスタ2015の模様=2015年10月18日

ケアタウン小平 模索と挑戦の10年【1】

 2025年、日本は約3人に1人が65歳以上、約5人に1人が75歳以上という未曽有の超高齢社会を迎えます。医療や介護需要の増加により予測される医療費・介護費の激増、医療サービス・人材の不足などのいわゆる「2025年問題」を解決するため、国は近年「地域包括ケアシステム」の普及を進めています。高齢者が、糖尿病や高血圧症などの慢性疾患、認知症を抱えて介護が必要な状態であっても、医療、介護、住まい、生活支援などのサービスを受け、住み慣れた地域で人生の最期まで暮らし続けられるよう支援するというのがその骨格です。

この記事は有料記事です。

残り2942文字(全文3215文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。