医療プレミア特集

人は自分のためには生きられない、そこに希望がある

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷
(上)株式会社暁記念交流基金取締役・長谷郁子さん、(下)NPO法人「コミュニティケアリンク東京」事務局長・中川稔進さん
(上)株式会社暁記念交流基金取締役・長谷郁子さん、(下)NPO法人「コミュニティケアリンク東京」事務局長・中川稔進さん

ケアタウン小平 模索と挑戦の10年【2】

 地域に根ざした生活の中に「ケア」という関係で結ばれた共同体作りを目指すケアタウン小平(東京都小平市)。その活動を支えるスタッフ6人の連続インタビュー第2回は、訪問看護、デイサービス、居宅介護支援、子育て支援などを柱にケアタウン小平を支えるNPO法人「コミュニティケアリンク東京」事務局長、中川稔進(としのぶ)さんと、ケアタウン小平の建物管理・運営を行い、主に1人暮らしの人が対象の賃貸アパート「いつぷく荘」を経営する株式会社暁記念交流基金の取締役、長谷郁子さんに登場してもらいます。

この記事は有料記事です。

残り3011文字(全文3273文字)

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。