教養としての診断学

「白衣を着ていない人は、医師ではないと言い切れる?」情報の感度とは

津村圭・府中病院総合診療センター長
  • 文字
  • 印刷

 大きな病院に行き、フロアを行き交う大勢の人の中から、医師を見つけたい時、「白衣」を目印にすると間違いが少ない、という例を前回紹介しました。そして「大きな集団=行き交う人々」の中から、「目的のもの=医師」を絞り込む時に使う「情報=白衣着用」の、絞り込みのパワーの強さを「特異度」ということを解説しました。今回のテーマは、診断学で特異度と対になって使われる「感度」です。

 診断学における感度とは、「ある特徴を備えていない」ことに着目し、「○○を備えていないから、○○ではないと言える」と判断するための指標です。特異度は「○○を備えているから、○○だと言える」と判断するための指標ですから、ちょうど正反対ですね。つまり、特異度が雑多なものの中から特定のものを見つける絞り込みのパワーを指すのに対し、感度は「見落としを少なくする」パワーを指すとも言えるのです。感度100%という状態は、「○○でないなら、絶対に○○ではない」と言う状態を指します。

 まずは前回にならい、「白衣を着ない(「白衣を着る」という行為の反対)」という情報は、医師を見分けるのに役立つのか?という視点から考えてみましょう。

この記事は有料記事です。

残り2023文字(全文2517文字)

津村圭

府中病院総合診療センター長

つむら・けい 大阪府出身。1977年大阪市立大学医学部を卒業後、国立循環器病センター(現・国立循環器病研究センター)に心臓内科レジデントとして勤務。その後の28年間は大阪市立大学医学部教員として、学部学生、大学院学生、研修医、指導医、教員の指導と医学部カリキュラムの企画と作成に携わった。診療面では循環器内科をベースとしつつ、早い時期から原因疾患の判別が困難な症例で、診断を担当する総合診療医として従事。研究面では、各種疾病のリスクファクターについての臨床疫学研究を行い、ランセット(Lancet)など欧米医学誌で発表してきた。2014年1月から現職。総合診療医として地域医療に関わるとともに、初期、後期研修医の指導を担当、臨床研修室顧問も兼任する。地域医療を充実させるため院内に家庭医療専門医後期研修プログラムを立ち上げるなど、診療と教育をリンクさせた活動を現在も続けている。府中病院ウェブサイト