認知症110番

夫のトイレ−−介護の負担考え、オムツも考えてみては

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 73歳の夫と2人暮らしです。夫は5年前から物忘れがひどくなり、最近は排せつで困っています。トイレの場所がわからないのか、暗い隅の方で排尿してしまいます。大便はトイレでするのですが、尿の方は回数も多く、漏れてしまうことも多々あります。場所が決まっているのではなく、予測がつかなくてあわててしまいます。オムツを使うことも考えたのですが、かわいそうなので使っていません。家の中もオシッコ臭く、ときどき訪問する娘たちからも嫌がられています。=大阪府、妻(70)

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1006文字)

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/