医療・健康Tips

口を開けるのもつらい口角炎の原因と対策

  • 文字
  • 印刷

 強い痛みで口を開けるのもつらくなる口角炎。小さな傷ですが、食事や会話のたびに痛みを我慢しなくてはなりません。また、口元は隠すことができないので人目も気になります。原因や対策についてまとめてみましょう。

 口の両端の口角に亀裂が入り、腫れたり出血したりするのが口角炎の主な症状です。軽度ならば、口角が赤くカサついて唇の横の部分が固くなる程度ですが、口の開閉で亀裂が入ると強い痛みを感じるため、話したり、飲んだり食べたりすることもつらくおっくうになります。かさぶたができても、口を開けると傷口が開きなかなか治りにくく、出血もしばしばみられます。

 口角が炎症する原因の多くはカンジタ菌です。カンジタ菌は人の体にもともとすんでいる常在菌の一つで、健…

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1308文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら