MMJ編集長のニュースな医学

2045年の人々の評価は? 全中学生対象のピロリ菌検査

  • 文字
  • 印刷

 1983年発見という新参者の病原体ながら、ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の知名度が高いのは、胃炎、胃がんの原因菌というだけでなく、妙にかわいい名前のせいでもあるだろう。「ピロリ」は胃の出口を指すラテン語に由来している。

 発見者のウォーレンとマーシャルは、2005年にノーベル賞を受賞した。胃炎の病原という仮説の証明のため、マーシャルが自分で菌を飲み、急性胃炎を発症したというのは、ピロリ菌研究史で紹介される定番の逸話だ。「沼の水の味」がしたという。

 ピロリ菌感染の広がりは、衛生環境と関連している。上下水道が未整備の時代に幼少期を過ごした世代ほど感染率が高く、若くなるほど低い。乳児への口移しの食事のような、感染者との濃密な口と口の接触による感染もあるが、こちらも育児知識の更新で減るとみられる。国内では92年時点で「40歳以上で約8割が感染」という調査結果がある。その下の世代の自分は無縁だと思っているし、まして自分の子ども世代で感染は想像すらで…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文910文字)