紙面より

繰り返す揺れが引き起こす「地震酔い」 症状と対処法

医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
避難所で休むお年寄り。不眠が長引いている場合は昼寝してみるといい=岩手県大船渡市で2011年3月26日、西本勝撮影
避難所で休むお年寄り。不眠が長引いている場合は昼寝してみるといい=岩手県大船渡市で2011年3月26日、西本勝撮影

被災地へ 東日本大震災の教訓から【3】

 熊本地震の被災地は、連日のように強い揺れに見舞われています。繰り返す揺れはそれ自体やめまいや吐き気などの体調不良を引き起こす原因となり、そこから不眠に至る人も少なくありません。多くの人が同じような苦しみを体験した東日本大震災時の記事アーカイブから、症状の詳細と対処法を解説した記事を再掲します。(数字、年齢、肩書き等は紙面掲載時のものです)【医療プレミア編集部】

この記事は有料記事です。

残り2147文字(全文2348文字)

医療プレミア編集部

毎日新聞医療プレミア編集部は、国内外の医師、研究者、ジャーナリストとのネットワークを生かし、日々の生活に役立ち、知的好奇心を刺激する医療・健康情報をお届けします。