新・真健康論

極めて危険 飲酒後の「ゆすっても起きない」眠り

當瀬規嗣・札幌医科大学教授
  • 文字
  • 印刷

 春といえば年度の変わり目。会社などに新しいメンバーが加わります。歓迎の意を込めて宴会が開かれ、お酒に接する機会が増えます。そこで、残念なことにお酒によるトラブルが生じやすくなります。トラブルを避けるだけでなく、もし、トラブルが起こった時にどう対処すべきか。危機管理のためにお酒が体に及ぼす影響を紹介します。

 お酒が体に影響を引き起こす成分とは、エチルアルコールです。エチルアルコールは胃腸から吸収されると、…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1382文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

當瀬規嗣

札幌医科大学教授

とうせ・のりつぐ 1984年北海道大医学部卒、88年北海道大学大学院修了、医学博士。北海道大医学部助手、札幌医科大医学部助教授、米シンシナティ大助教授を経て、98年札幌医科大医学部教授(細胞生理学講座)に就任。2006~10年、同医学部長。医学部長就任時は47歳。全国に医学部は国公私立合わせて80あるが、最年少の学部長。「40代は驚きで、加速し始めた医学部改革の象徴」と話題になった。専門は生理学・薬理学で、心拍動開始の起源を探求している。