健康に暮らす10歳若返る歩行術 -インターバル速歩-

「思い込み回路」を切断して、うつや慢性関節痛も改善

能勢博 / 信州大学教授

 これまで、インターバル速歩の体力向上、生活習慣病症状改善の効果について解説してきました。実は、インターバル速歩を続けると性格が明るくなるし、膝や腰の慢性痛も改善するのです。今回は、このことについてお話しましょう。

あなたはうつ傾向あり?

 図1は「うつ自己評価尺度」(CES-D)とよばれるアンケート調査表で、抑うつ気分など気分障害の指標として国際的に用いられているものです。たとえば、質問18番に「悲しいと感じる」というのがありますが、これは「1週間のうちで悲しいと感じた日は何日ありますか」という質問です。全くないか1日だったら0点、2日だったら1点、3~4日だったら2点、5日以上だったら3点です。1~20番までネガティブな質問がありますから、満点をとると60点になります。さて、皆さんは何点だったでしょうか。

この記事は有料記事です。

残り1073文字(全文1430文字)

能勢博

能勢博

信州大学教授

のせ・ひろし 1952年生まれ。京都府立医科大学医学部卒業。京都府立医科大学助手、米国イエール大学医学部博士研究員、京都府立医科大学助教授などを経て現在、信州大学学術院医学系教授(疾患予防医科学系専攻・スポーツ医科学講座)。画期的な効果で、これまでのウオーキングの常識を変えたと言われる「インターバル速歩」を提唱。信州大学、松本市、市民が協力する中高年の健康づくり事業「熟年体育大学」などにおいて、約10年間で約6000人以上に運動指導してきた。趣味は登山。長野県の常念岳診療所長などを歴任し、81年には中国・天山山脈の未踏峰・ボゴダ・オーラ峰に医師として同行、自らも登頂した。著書に「いくつになっても自分で歩ける!『筋トレ』ウォーキング」(青春出版社)、「山に登る前に読む本」(講談社)など。

イチ押しコラム

Dr.林のこころと脳と病と健康

演技性パーソナリティー障害のうそが肥大する土壌

 ◇うそつきは病気か【5】 自分を実際よりよく見せるためにうそをつくのは、誰でもある程度までならすることです。ではそういう普通の人…

医をめぐる情景
「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」の1シーン。主演の浅野忠信さんと永作博美さん

アルコール依存と闘った戦場カメラマンとその妻

 ◇映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」(2010年) アルコールに溺れ、肝臓を悪くして吐血で何度も入院している戦場カメラマンは…

無難に生きる方法論
不正入試に関する記者会見で陳謝する東京医科大の行岡哲男常務理事(左)と宮沢啓介学長職務代理=東京都内のホテルで2018年8月7日、長谷川直亮撮影

東京医科大だけじゃない?医療現場の“女性外し”

 東京医大を文部科学省の「私立大学研究ブランディング事業」対象校に選ぶ見返りに、息子を裏口入学させてもらったとして、同省の前科学技…

人類史からひもとく糖質制限食

スーパー糖質制限食とケトン食の違い、そして役割

 本連載ではこれまで、スーパー糖質制限食、スタンダード糖質制限食、プチ糖質制限食や、究極の糖質制限食としてのケトン食を紹介してきま…

旅と病の歴史地図
夏休みの旅行客で混み合う関西国際空港の国際線出発ロビー=2017年8月10日

夏休み海外旅行 子どもは何歳から連れていける?

 夏休みに海外旅行を計画している方も多いかと思います。友達同士で旅行するのも楽しいものですが、ご家族で行くのもお互いの絆を深める良…

超高齢化時代を生きるヒント
団塊ジュニアが就活をした2000年前後は、過去もっとも厳しい就職氷河期と言われた=2000年12月撮影

「ノボルとヨーコ」団塊ジュニア夫婦が迎える“2060年の現実”

 団塊ジュニア世代は昭和の高度成長期に生まれ、バブル崩壊後の大変動の時代を懸命に生きています。その彼らが高齢期を迎える2060年ご…

Dr.米井のアンチエイジング・セルフチェック チャートでわかる、あなたの機能年齢 北海道大学COI×医療プレミア