医療プレミア特集

病院選びから性生活まで 「がん患者の知りたい」に答える本

吉永磨美・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷
医療従事者、がん患者の双方に役立つ「がん患者の「知りたい」がわかる本」(じほう)
医療従事者、がん患者の双方に役立つ「がん患者の「知りたい」がわかる本」(じほう)

 がん患者が日常生活で抱えるさまざまな問題の解決法を紹介する「がん患者の『知りたい』がわかる本」(じほう)がこのほど刊行された。がん患者の生活の質(QOL:クオリティー・オブ・ライフ)を保ち、患者だけでなく医療者、家族たちもがんと共に充実した社会生活を送ることを目指す「がんサバイバーシップ」の理念をベースに、多数の専門家が実践的な生活のノウハウを紹介している。

 本は医師や看護師、薬剤師などの医療従事者のほか、社会保険労務士や美容のプロら15人が執筆に参加した。当初は、がん患者に携わる医師、看護師などの医療従事者を対象読者として作られたのが大きな特徴だ。

 まず1章でがん治療の基本的知識を概説した上で、2章で患者や家族が抱える疑問、問題への具体的対処法を一問一答形式で、計67問掲載している。内容は、治療▽食事▽入浴や排せつ▽美容やおしゃれ▽ペットやスポーツ▽妊娠や性行為▽外出や旅行▽メンタルケア▽仕事や治療費などの経済的悩み、と多岐にわたるが、いずれも執筆陣が、実際にがん患者から尋ねられた質問を基にしている。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文913文字)

吉永磨美

毎日新聞 医療プレミア編集部

よしなが・まみ 1972年生まれ。98年に毎日新聞社入社。横浜支局、東京本社地方部、社会部、生活報道部などを経て、2016年4月から現編集部。近年は「おんなのしんぶん」や連載「ガラスの天井」を担当しながら、女性や難聴など見えない障害をテーマに記事を執筆してきた。