病気が逃げ出すサプリ指南

医療費? 食費? サプリメントにかける支出の目安は

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 4月から電力自由化が始まり、電力会社を消費者が自由に選択できるようになりました。この機会に各社の料金プランを比較して、電気料金の削減や節約をしようという人が多いのではないでしょうか。サプリメントも電気と同じように、家計にかかわる支出です。お金という視点から改めて見ると、意外なことがわかってきます。

サプリメントにお金をかける日本人

 みなさんは、サプリメントの購入に毎月どのくらいお金を使っているでしょうか。日本では、サプリメントにお金をかける人が珍しくありません。がんの患者さんの中には、高額なサプリメントを購入している人がいます。

 「消費者の『健康食品』の利用に関する実態調査」(消費者委員会、2012年5月)によると、支出額が1…

この記事は有料記事です。

残り1358文字(全文1675文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。