患者の気持ち

禁煙に成功 福島県郡山市・男性(理容業・61歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 「長く仕事をしたいのなら2週間だけ泊まっていって」と実家が私と同業者だという主治医から入院を勧められた。前日の昼ごろに突然右手に力が入らなくなりMRI(磁気共鳴画像化装置)検査の結果、脳梗塞(こうそく)と診断された。

 幸い病状は軽く右手でペットボトルのふたが開けづらいくらいの状態だった。しかし困るのは私は理容師、ハサミとカミソリを動かせてナンボの仕事をしている。体に異常はほとんど無いため、入院中1人で店を切り盛りした妻は仕事復帰の可能性を信じ、夫が脳梗塞とはお客には伝えず私が冠婚葬祭等であちこち出掛けている…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声