がんと言われたらQ&A

生活の質を上げる「痛みの治療」とは

竹本和代・医療ライター三嶋秀行・愛知医科大学教授
  • 文字
  • 印刷

 直腸がんの再発で先月から抗がん剤治療を受けています。おしりがすごく痛いと主治医にいったら「モルヒネを使いましょう」と言われました。ということは、もう末期なのでしょうか。(58歳、女性)

 モルヒネにはさまざまな誤解がもたれています。

 その一つが「モルヒネを使うのは末期」というものです。モルヒネは終末期の強い痛みを取るのに非常に効果がありますが、終末期だけに使うわけではありません。がんの場所によっては早い段階で強い痛みが出ることがあり、そのときは積極的にモルヒネを含む医療用麻薬を使います。ご相談者は直腸がんで抗がん剤治療を受けていて、肛門に強い痛みがあるということですから、治療を開始する段階でも痛みをとるためにモルヒネを使うことがあります。「モルヒネ=末期」という思い込みは完全に間違っています。

 また、「モルヒネを使うと麻薬中毒になる」というのも間違いです。痛みがないのに麻薬を使うと依存が生じますが、強い痛みのある人が使えば依存は起こらないことがわかっているので安心してください。

この記事は有料記事です。

残り1915文字(全文2360文字)

竹本和代

医療ライター

たけもと・かずよ 共立女子大学文芸学部卒。PR会社勤務を経て1990年フリーランスライターに。医療・ヘルスケア領域の話題を中心に、主に雑誌、医療系ムックで取材・執筆活動を行う。興味のあるテーマはがん医療、QOL疾患、目・耳などの感覚器障害、東洋医学。

三嶋秀行

愛知医科大学教授

みしま・ひでゆき 1984年大阪大学卒業。同第2外科入局。箕面市立病院、国立大阪病院(現・国立病院機構大阪医療センター)外科医長、外来化学療法室長、臨床腫瘍科長などを経て、2012年に愛知医科大学教授。現在、同大学病院臨床腫瘍センター、臨床研究支援センター部長。専門は消化器がんの化学療法と診療相談で、新薬の国際共同治験や多施設共同臨床研究への参加実績も多い。また市民向けの講演活動も多数行っており、大阪弁でのわかりやすい語り口にはファンも多い。