髪の健康相談室

あなたの髪はなぜ抜ける? 多種多様な脱毛の原因を知る

齊藤典充・横浜労災病院皮膚科部長
  • 文字
  • 印刷

 洗髪やブラッシングの最中、抜け毛の多さに気づくと、脱毛ではないかと不安になることがあります。男性ホルモンが影響する男性型脱毛症以外の脱毛は、ストレスが原因と思われがちです。しかし、そうとは限りません。ストレス以外のさまざまな原因によっても、髪の毛は抜けることがあります。

 ふだんの生活の中で注意したいのは、薬剤による脱毛です。最も知られているのは、抗がん剤の副作用による脱毛でしょう。しかし、脱毛を起こすのは抗がん剤ばかりではありません。意外に多いのは、月経痛やうつの治療薬を飲んで脱毛になる例です。ほかにも、抗生物質や消炎鎮痛剤、胃薬、降圧薬などが原因となって毛が抜けることがあります。また病院で処方される薬ばかりでなく、薬局で処方箋なしで購入できるOTC医薬品で脱毛が起きたケースもあります。

 またなんらかの病気によって起きる脱毛も…

この記事は有料記事です。

残り1089文字(全文1458文字)

齊藤典充

横浜労災病院皮膚科部長

さいとう・のりみつ 1993年北里大学卒業、同大学皮膚科に入局。98~2000年米国カリフォルニア大学サンディエゴ校留学。国立横浜病院(現:国立病院機構横浜医療センター)皮膚科、北里大学皮膚科助手、講師、国立病院機構横浜医療センター皮膚科部長などを経て14年4月から現職。専門は脱毛症、血管炎、血行障害。日本皮膚科学会の脱毛症に関する診療ガイドラインの作成に携わるなど、長年、診療の第一線で脱毛治療・研究の分野をリードしている。