新・真健康論

肝炎、肝硬変引き起こす 暴飲暴食は脂肪肝への一本道

當瀬規嗣・札幌医科大学教授
  • 文字
  • 印刷

 肝臓には、消化吸収された糖質や脂肪を蓄積し、必要に応じて全身へ送り出す役割があります。また、必要に応じてアミノ酸からたんぱく質を合成したり、アミノ酸や脂肪から糖質を作り出したりします。というわけで、肝臓は栄養素の「問屋」であり「工場」であるといえるのです。

 私たちは一日に3度食事をします。そうして腸に達した食べ物から糖質、脂質、たんぱく質とアミノ酸が吸収されます。吸収に要する時間は1食につき4〜5時間と見積もられます。その間、吸収された栄養素は次々と肝臓に運び込まれます。貯蔵、加工、配送と、肝臓は大車輪の活躍となります。

 栄養素の吸収が終了しても、肝臓はお役御免とはなりません。今度は空腹で栄養素の吸収がなくなるので、全…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1342文字)

當瀬規嗣

札幌医科大学教授

とうせ・のりつぐ 1984年北海道大医学部卒、88年北海道大学大学院修了、医学博士。北海道大医学部助手、札幌医科大医学部助教授、米シンシナティ大助教授を経て、98年札幌医科大医学部教授(細胞生理学講座)に就任。2006~10年、同医学部長。医学部長就任時は47歳。全国に医学部は国公私立合わせて80あるが、最年少の学部長。「40代は驚きで、加速し始めた医学部改革の象徴」と話題になった。専門は生理学・薬理学で、心拍動開始の起源を探求している。