あなたと家族へ 女性が学ぶがん情報

切らずに乳がんを治す?! ラジオ波熱焼灼療法

福島安紀・医療ライター
  • 文字
  • 印刷

 マンモグラフィー(乳房X線撮影)によるがん検診の普及によって、腫瘍が2cm以下の「早期」で乳がんが見つかる人が5割を超えた。1cm未満で見つかる乳がんも増えるなか、注目されるのが、乳房にメスを入れない「ラジオ波熱焼灼(しょうしゃく)療法(RFA)」だ。その現状とメリット、デメリットについて、国立がん研究センター中央病院(東京都中央区)の乳腺外科長、木下貴之さんに聞いた。

 ラジオ波熱焼灼療法(RFA)は、乳房の皮膚の表面から腫瘍に電極針(ニードル)を刺入してラジオ波を数分間流し、ニードル周囲を80〜90度の高温にして病変部を焼き切り、がんを死滅させる治療法だ。全身麻酔で実施することもあり、患者が痛みや熱さを感じることはない。肝臓がんでは2004年に保険適用となり、標準的な治療として多くの病院で普及している。

 「ニードルを刺すだけなので、乳房にほとんど傷がつかないのがRFAのメリットです。乳がんでは00年前後に自費診療で、乳房温存療法よりも負担が少なく、乳房の形を元の通り保てる治療法としてRFAが急速に広がりました。ところが、3cmを超えるような大きながんをRFAで施術する医療機関もあり、腫瘍が焼き切れなかったために、手術をしていれば起こらなかったと思われる乳房内再発が相次ぎました。そして、10年に日…

この記事は有料記事です。

残り2071文字(全文2629文字)

福島安紀

医療ライター

ふくしま・あき 1967年生まれ。90年立教大学法学部卒。医療系出版社、サンデー毎日専属記者を経てフリーランスに。医療・介護問題を中心に取材・執筆活動を行う。社会福祉士。著書に「がん、脳卒中、心臓病 三大病死亡 衝撃の地域格差」(中央公論新社、共著)、「病院がまるごとやさしくわかる本」(秀和システム)など。興味のあるテーマは、がん医療、当事者活動、医療費、認知症、心臓病、脳疾患。