医療プレミア特集

ジカ熱の国内感染の可能性は?

  • 文字
  • 印刷

蚊の生態を知って対策するジカ熱、デング熱【前編】

 蚊の襲来に悩まされる季節になってきた。国立感染症研究所(感染研)によると、ジカ熱やデング熱のウイルスを媒介し、日本にも広く分布する「ヒトスジシマカ」が日本で活動を始めるのはまさに5月ごろで、今年は既に九州や、東京都など関東で続々と確認されている。特にリオデジャネイロ五輪・パラリンピックの開幕を8月に控えるブラジルなどで流行しているジカ熱は、妊婦の感染と胎児の小頭症との関連が報告されていることから、国内感染の可能性も含めて気になっている人は多いだろう。改めてこの“敵”の生態と具体的な対策を2回に分けて紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1228文字(全文1510文字)