医療プレミア特集

ジカ熱を媒介する蚊とどう闘う?

中村好見・毎日新聞 医療プレミア編集部
  • 文字
  • 印刷

 ジカ熱やデング熱のウイルスを媒介する蚊、ヒトスジシマカが今年も日本各地で飛び始めた。国内感染が起きて広がる可能性は低いがありうること、また、ヒトスジシマカは日本で最も普通に都市部周辺で見られる蚊の一つで、主に日中に屋外で活動することなど詳しい生態を前編では伝えた。後編では、虫よけ剤を選ぶポイントや、流行地域への渡航予定がある人が注意すべきことを具体的に紹介したい。

 まず、屋外での対策は蚊忌避剤(虫よけ剤)の使用、長袖、長ズボンの着用が基本だ。では、虫よけ剤を選ぶ際にはどのようなことに注意すればよいのだろう。ポイントになるのが忌避成分であるDEET(ディート)の濃度だ。濃度50%以上では効果は変わらないとされるが、それ以下では濃度が高ければ高いほど効果持続時間が長くなる。海外では20〜30%のものがドラッグストアやスーパーなどで一般に販売されているが、日本で販売されているもので最も高いのは12%だ。なぜか。

 「日本では薬事法で上限12%と決められている」という言説を見聞きしたので、厚生労働省の担当者に確認した。「そのような法律はないし、通知をしたことも過去一度もない。なぜ広まったのか分からない間違い。上限は特に規定していないので、申請があって効果や安全性が確認できれば承認される」という。メーカーなどで作る日本家庭用殺虫剤工業会に聞くと「一般的に有効成分の濃度が高くなると価格は高くなる傾向はあるが、温暖化などで需要が高まれば、高濃度の製品が開発される可能性はあるだろう」と話した。

 持続時間は諸説あるが、20%で4時間程度とする研究がある。しかし国内の製品が表示している持続時間について調べると、12%で4〜12時間と幅が広く、濃度の割に高い傾向だと感じた。厚労省の担当者によると「汗で流れ落ちにくくする添加剤などの違いはあるが、基本的にはディートの濃度が同じであれば、持続時間もほぼ同じと考えてよい」らしい。承認審査に必要な日本での実地試験では、どの製品も10%で6時間の効果は…

この記事は有料記事です。

残り1979文字(全文2828文字)

中村好見

毎日新聞 医療プレミア編集部

なかむら・よしみ 1984年生まれ。2008年に毎日新聞社へ入社、高松支局、和歌山支局を経て15年から医療プレミア編集部。幼少時に家族がくも膜下出血で倒れた経験から、医療とそれを取り巻く社会問題に興味を持つ。関心のあるテーマは公衆衛生、根拠と語りに基づく医療など。twitter:@yoshimi_nakamu