病気が逃げ出すサプリ指南

紫外線対策、アトピーに役立つサプリメントとは

丁宗鐵・日本薬科大学学長
  • 文字
  • 印刷

 日差しがまぶしい季節になってきました。日焼け止めクリームを塗って、帽子に手袋 と完全防備のUVケア(紫外線対策)を施して外出する方もいるでしょう。人々が皮膚に対する効果を期待し、サプリメントを利用する際、その目的は、大きく三つに絞れると思います。一つ目は、「より美しく、きれいになりたい」という美容上の効果です。二つ目は加齢とともに増えるしみやしわの予防。 三つ目はアトピー性皮膚炎の改善です。みなさんは、皮膚の健康のために、サプリメントをどのように利用していますか?

この記事は有料記事です。

残り1564文字(全文1799文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

丁宗鐵

日本薬科大学学長

てい・むねてつ 1947年東京生まれ。医学博士。横浜市立大学医学部卒業。同大学大学院医学研究科修了。79年から81年まで米国スローン・ケタリングがん研究所に客員研究員として留学。日本東洋医学会漢方専門医・指導医。北里大学・東洋医学総合研究所研究部門長、東京大学大学院客員教授、東京女子医科大学特任教授を経て現在、日本薬科大学学長、百済診療所院長。近年の著書に「丁先生、漢方って、おもしろいです。」(朝日新聞出版)、「病気がイヤがる暮し方 江戸式健康心得」(春秋社)、「ガンが逃げ出す漢方力」(ヴィレッジブックス)など。