認知症110番

母の生き方−−従うのは、信頼あればこそ

認知症予防財団
  • 文字
  • 印刷

 母(83歳、認知症中度、要介護3)と夫の3人暮らしです。夫は仕事で日中はいませんので私1人(長女)でみています。若い頃は気の強い母でした。今は自分から何をしてよいかわからず、一つ一つの動作を指示しないとできません。他の認知症の人を見ていると、かなり手がかかり、大変だなと思います。母は言えば行動できるのですが、受身の生活で母らしい生き方をしているのかと不安になります。同じように介護している人たちからは「いいわね」といわれますが、ぜいたくな悩みでしょうか。毎日毎日の行動を指示するたび強い口調になっている自分にストレスを感じています。=静岡県、娘(58)

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1359文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

認知症予防財団

認知症の予防・治療に関する調査研究および社会的な介護体制づくり、介護家族への支援活動などを行い、豊かで明るい希望に満ちた長寿社会の実現をめざす公益財団法人です。1990年3月28日、毎日新聞創刊120周年記念事業として毎日新聞社が提唱、医学会や医師会、経済団体連合会などの協力を受け、厚生大臣の許可を得て設立されました。公式サイトhttps://www.mainichi.co.jp/ninchishou/