医療・健康Tips

小さな刺し傷でも手当てをしっかり!

  • 文字
  • 印刷

 転んだ拍子にとがったものが刺さった、何気なく触ったものにとげがあった……。刺し傷は思わぬときに起こります。自分で処置できることもありますが、状態によっては受診が必要なことも。刺し傷の注意点について知っておきましょう。

 刺し傷とは、釘、針、ナイフ、ガラスの破片など、とがったものによってできる傷のこと。あまり出血していない小さな傷でも、感染症を起こしやすいので手当ては必要です。基本的な手当ての方法は、まずは刺さったものを抜き、血を少し絞り出したあと消毒を行いばんそうこうで保護します。

 刺さったものが抜けないときは、どうしたらいいのでしょうか。小さなとげなら、家庭にあるとげ抜きや毛抜きを使用します。爪で押さえたり、穴あき硬貨を当てることで抜きやすくなります。縫い針を使う場合は、針先をライターであぶるなど必ず消毒してから行います。とげが取れたら傷口を消毒することを忘れないように。

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1228文字)