消化器がんと闘う医師 その名も小高雅人!!!

抗がん剤 毒ガスから生まれた救世主

小高雅人・佐野病院消化器がんセンター長
  • 文字
  • 印刷

 今回は、抗がん剤についてお話しさせていただきます。

 皆さんは、「抗がん剤」と聞いてどのようなイメージを抱くでしょうか? 抗がん剤の効果という側面より、吐き気、嘔吐(おうと)、食欲不振、下痢、脱毛などの副作用によって日常生活がままならなくなる、ということを先行して考えてしまうのではないでしょうか。現在は副作用を抑えるさまざまな工夫や対応が考案、実施され、皆さんが想像しがちな「怖さ」が逆に現実とは異なっていることもあります。順に説明しましょう。

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文1953文字)

小高雅人

佐野病院消化器がんセンター長

こたか・まさひと 大阪府生まれ、1997年高知医科大学(現・高知大学医学部)卒業。同大学付属病院第1外科、高知県立中央病院(現・高知医療センター)外科、国立がんセンター(現・国立がん研究センター)東病院大腸骨盤外科などを経て、2006年から佐野病院消化器センターに勤務。13年同病院消化器がんセンター長に就く。専門は胃がん、大腸がんの手術と化学療法、その他の消化器がん治療。