患者の気持ち

普通の日々 埼玉県蕨市・女性(主婦・64歳)

読者投稿
  • 文字
  • 印刷

 幼い頃は虚弱体質で、今はもういない両親を随分心配させていたのですが、就職・結婚・出産と忙しく過ごしているうちに体調不良は風邪をひくくらいになっていきました。

 すっかり丈夫になったつもりでいたのですが、60歳を過ぎたあたりから原因不明の肩の痛みに襲われました。風が吹いても紙一枚持っても激痛が走ります。耐えきれず駆け込んだ病院で現在の主治医と巡り合いました。「痛い痛い」と訴えるときは「困ったなあ」と薬の調節をしてくださり、「痛みが取れた」と言ったときは「あーよかったー」と喜んで…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文601文字)

読者投稿

毎日新聞紙上、ウェブサイトなどに投稿された読者からの声