医療プレミア特集

さまざまな病にかかわる危険な物質「AGEs」

西田佐保子・毎日新聞 デジタルメディア局
  • 文字
  • 印刷

「老化」の原因物質AGEsを知る【前編】

 生物の体の老化と関連付けて、近年「AGEs」と呼ばれる物質が注目されている。いわく「謎の老化物質」「老化の原因物質」「認知症やがんの発症に関連」等々。世界的にそのメカニズムの研究が進む中、第一線でAGEsの謎に挑んでいるのが、久留米大の山岸昌一教授だ。AGEsとは何か、そして健康的な生活にAGEs研究をどのように生かせるのか、前後編の2回にわたり紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2680文字(全文2880文字)

   

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

西田佐保子

毎日新聞 デジタルメディア局

にしだ・さほこ 1974年東京生まれ。 2014年11月、デジタルメディア局に配属。 興味のあるテーマ:認知症、予防医療、ターミナルケア。